スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣


あけましておめでとうございます。(遅くなりました)
今年もよろしくお願いします。

さて、さて今年の初詣は遠く三重県にある伊勢神宮まで
行ってまいりました。
昨日やっと戻ってきたのでご挨拶が遅れました。

伊勢神宮は12年ぶりのお参りです。
今年年男のちちまるが、どうしてもお参りに行きたいと
突然言い出した。
いつも、突然言い出す物だから準備が大変
それでも、寒い北陸にいるよりは
暖かい太平洋側へ行くのはとっても楽しみ。

ほんとに毎度思うのだが太平洋側は、
なんてお天気が良いのかと感心してしまう。
金沢では考えられないこの時期にお布団が干せるなんてさ・・・
春のようにぼやけた空とは違い
きりっと澄み切った青い空
明るい景色を眺めているだけで心まで明るくなるよね。

突然の出発
いつものことだけど、すべてちちまるにお任せ。

1月4日の午後3時過ぎには外宮の前を通る
がしかし、なぜかものすごい人垣
1月4日にもなれば参拝客は減るのかと思ったけれど、
なんだか、ものすごい人・人・・・
前を見ると交差点の信号は青なのにお巡りさんが大勢出ていて
交差点の車をすべてストップさせている。

はて?
これって、何事だろうと前を見つめる。
すると、左側方向から最初に白バイが二台先導しながら
続いて、黒塗りの車が三台
三台目の車には白いレースのカーテンがついていて、
中に乗っている人が見えない。
でその後にバスが二台、
最後に、報道陣と書いた紙を窓に貼って走るマイクロバス。
と言うことは、一般の人ではない方が
今から外宮にお参りすると言うことだと解った。

ここで、私たちはあの車に乗っている人が誰なのか
とても気になるところであった。
たぶん、黒の塗りの車に乗っている黒服の人達は、
SPとか言う人達に違いない。
たぶん、天皇陛下か皇太子さんではないかと私たち2人は、
思いこんだ。
この時点で、知ってる人は知ってるのでしょうが
私たちは全く解らなかった。

思いこみのまま外宮を参らずにいきなり内宮へと向かった。
一般の車が近くまで入れずに、少し離れた所に有料駐車場を見つけ
のんびりと歩きながら内宮へと向かった。
三重県のしめ飾りは、神棚に上げる一文字を大きくして、
橙を真ん中につけて白い長方形の紙に笑門と書いて貼り付けてあった。
うん、なかなか良い感じ笑う門には福来たると言うものね。
所変われば色々ですよね。

金沢のお鏡だけが紅白だったなんて、ついこの間テレビを見て知って
驚いたぐらいです。
皆さんのお家のお鏡は白いおもちを二段に重ねるんですね。
こちらは、白いおもちの上に薄いピンク色のおもちを重ねるんだよ。
なんて、余談はおいといて・・・

いざ、内宮の前に来るとここも、もの凄い人・人・人・・・
五十鈴川の手前で手を洗い口を清めいざ参道へと
歩き始める。

十数年前には、毎年のようにお参りに来ていたけれど、
何せ遠いので、いつのまにか間があいてしまった。

でも、伊勢神宮は変わらず凜とした空気までもあのころのように、
身を引き締めるような気分にさせてくれる。
願い事を考えながらおおっきな杉の木見上げながら、
歩いていった。

すると、社務所の前で参道の両脇にロープを張り巡らせて
道を空けているお巡りさん達が一杯です。

もうすぐ、お参りが終わってこの参道を戻って参りますので、
ロープの中には入らないでくださいという。

どうせなら、お参りする前に天皇陛下かもしくわ皇太子さんが、
戻ってくるのを待つことにした。
カメラを片手に待つ
でもなかなか現れない。

そのうちに、おきまりの小さな子供ぐずって泣き出したり、
人の真ん前割り込んで平然とカメラを構える若いママさん
むかつくけどそれにしても遅いし
お参りに行った方が良いかなって思ったとき

人垣の中から
「来た!」「来たぞ!」
と言う声が聞こえ始めた。

私は、デジカメを構えて液晶の画面を中央に向ける。
カメラ越しにはいったい誰が歩いてくるのか全く解らない。

最初に、たぶんSPの黒服を着た人が2・3人歩いてくるのは見えた。
その後のもの凄い数の黒服の団体が玉砂利をざくざくざくと踏みならし、
どんどん近づいてくる。

途中1・2度シャッターを切る
私は、誰?誰なの?と気になって仕方ないんだけど、
カメラから目を離すわけにはいかずに只シャッターを切る。
で、ほんとに目の前まで来て
ようやく誰が参拝してきたのかが解った。

それは、天皇陛下でもなければ、皇太子さんでもない。
麻生太郎ちゃんだった・・・ガクッ
思わずカメラさっさとしまいました。
へ~っ、・・・
首相がお参りするときには、あんなに大勢の護衛をつけてのお参りをするのかと
初めて目の前で見ることが出来た。

黒服を着て、きちんとネクタイを締めて
そのネクタイの色の違いで職種も違うのであろう色を決めているみたいだった。
総勢5・60人はいたと思う。
もの凄い迫力の中太郎ちゃんは笑顔で手を振りなぜか赤い顔をしておりました。
御神酒を飲んで酔っていたのでしょうか?
案外小柄で細い人でした。

大変長話にお付き合い下さいましてありがとうございます。

今年も色んな事がありそうな一年の始まりのような気がします。
年の初めから待ち合わせていたかのように、
導かれるように太郎ちゃんに会ってしまったように、
アジにも導かれてCRを目指したいものです。ハハッ
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。