スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉東トレーナーズクラブ

道の駅庄和で迎えた朝は霧に包まれていた。
いよいよ本番なんだなとぼんやり寝ぼけた頭で思う。
しっかり眠れたようなそうでないような曖昧な感じで
一日がスタートした。

会場にはすでに沢山の車が入り込んでいた。
前日に場所だけは下見をしておいたので、
迷うことなく到着。
今回のスペース申し込みは抽選に当たった人には、
はがきが届かないシステム3リンクの周りを自分の名前を探して歩く
とっても便利な場所が当たっていたので、嬉しい!

テントも組み立て、すべての準備が整う。
受付がまた変わっていた。
これまでなら、1度・2度・3度別に受付する方法だったが、
今回は、1度のスモール・ミディアム・ラージ別に
受付をしなければならず、なんだか面食らう。

本部テントからアナウンスが流れる
競技の順序は2度から始まるとのこと・・・
あらら・・・
まずは、気分を落ち着けるためにも、
2度の先輩方の競技を見学しようと思った。
霧に包まれた大凧会場はだんだんと怪しいお天気になっていった。
小雨になって止んでみたら、少し本気で降ったりする雨のため
だんだんリンクはぬかるんできて、
先輩達は、スパイクを履いているにもかかわらず、
滑ってこけた人が何人もいた。
あたし、じつわスパイク持ってこなかった。
あのスパイク履くと足がとても疲れるし嫌いなのだ。
転んだら転んだときのこと・・・

たいがい、晴れ女な私だし自分の出番が来たら雨は止むと決めていた。
そんなジンクスたいがい守れてるんだな。

1度が始まったのはお昼近くになった。
この時には、すでに雨はしっかり止み蒸し暑くなっていた。
やっぱりね。

まずはJPの検分
何このスタートは???
いきなりトラップのトンネルがお口を開けて待ってます。
どうやってこれを切り抜ける???
難し~い!
私の中では、こりゃ駄目・駄目・だね!
そうなの、出走順番私トリだった。
でも、ヒート犬がいたから私が最後ではないけど、
ほとんど2時間後になりそうな気分。
さて、皆さんはどんな攻め方をするのか、
これもじっくりと見学

2番ハードルをとんだ後にトラップであるトンネルの入り口が見える。
ほとんどの人がトラップであるトンネルの入り口に背を向けて隠し、
対面してスタートを切った。
そして、3番ハードルへと導こうとする。
スピードのある子はもちろんそうでない子でもトンネルに吸い込まれていく。
1・2・3ドボンの世界が始まってしまったのだ。
意地悪なコース。
1度には、こんな意地悪なトラップは出ないと思っていたのに。
どんどん出番が流れて2時間後だろうなんて思っていたけど、
案外すぐに自分の番がやってきそうだ。
どうする?  どうするよ~っ!
このトラップさえ切り抜けられたら後は特に難しいところはないと思う。
だから、これはどうしてもやり抜きたいところ、
みんなドボンなんだから、同じスタートを切っていたんでは、
絶対私も駄目だと思う。
だから、先輩からアドバイスを貰った。
先輩は、2・3通りの方法を教えてくれた。
でも、私が出来ることはその中の一つしかなかった。
1番ハードルと2番ハードルの間でラインを作ってトンネルを消す。
これしかないと思った。
これで駄目なら、しょうがないと思う。

いよいよ、出番です。・
ま~るは真剣な顔して私の指示を待つ
ラインは深めに入ったところに立ち最初のホップを声にした。
それなのに、それなのに、ま~るはもうトンネルの目の前まで行ってしまう。
かなり私動揺してる。
早く言わなきゃ・・・
「こい」と叫ぶ
すると、トンネルぎりぎりの所でユーターンして来てくれた。
で、3番ハードル跳んだ・・・
跳んだのは良かったんだけど、あたし凄く動揺したまま体が動かなかった。
次のスラのコマンドは出ていたけど、
体が動かなくて3番ハードルをまた跳んで戻ってきたま~る・・・
ごめん、ま~る!
またやっちゃった・・・
ジャッジの笛の音が聞こえています。
早く出口に向かいなさいよ~って・・・アハッ
というわけで、JPは失格でした。
悔しかった。久しぶりに悔しくてずっとずっと尾を引いていた。
また、またこの悔しい気持のまま埼玉から帰るわけにはいかない。
AGで、絶対頑張るわよ~ッ!

         
          =つづく=



Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。