スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生ありがとう

夕方のお散歩をしているとき
ふと思い出した

自分が苦し紛れに吐いた言葉を・・・
「先生あきれんといてね私頑張るから」
悔しくて情けなくて何度やってもうまくハンドリング出来なくて
一つのことが出来ても他のことを忘れてしまって
何度も何度も先生の指示が飛ぶ

あれはもう一年以上も前になるのかな
一度を走っているときどうしても拒絶癖がとれないま~る
どうしても、リアスイッチが出来なくて
体が流れてしまう私
我慢してその場で待たなきゃいけないのに
つい、動いてしまう
コースは覚えられないし
急ぎすぎてま~るをあおってしまう。
等々色んな課題を抱えているときに
長期集中レッスンを受けたときのことだ

5日間、朝・夕とレッスンを受けた
最初は張り切ってレッスンに挑んだ
でも、回を重ねる事に見事に先生の注意がどんどん増えていった。
トータル10回もレッスン受けるのだから
どこかで、先生の注意を受けずにCRしたいと思った。
が・・・

日に日に内容が難しくなっていって
只の一度も褒められることが無く
体がどんどん疲れていった。
筋肉痛が出てきた

レッスンの内容がジワジワと難しくなっていったけれど
何とか褒められたいと
毎回自分に喝を入れ練習場へと向かった

体が疲れてくると脳の働きも悪くなる
只でさえ良くないのに
この年になるとてきめんにそれを感じる
AGのコースですら覚えられない状態になった
普通はあり得ないだろうな

ちちまるも本気で訪ねてきた
このコースが覚えられないのか?
と純粋に聞かれて
「はい」と、まじめに答えた

最後のレッスン時間がやってきた
10回目のレッスンを受ける前に帰るための車の燃料
を給油したとき
突然私は泣き出した
やってもやっても出来なくて
どうしても褒めて貰えるようなハンドリングが出来なくて
ちちまるが給油をしてる間
私は車の中で泣いた
まるで子供のように泣いた
最後のレッスンに自分で自分にプレッシャーをかけて
苦しくなって泣いた

そして、最後の10回目のレッスンを受けた
泣いた顔など見せないで

でも、結果はやはり納得いかないできばえ
私はレッスンが終わってその場で膝をついて
力尽きたその時

地面を見つめながら「先生あきれんといてね私頑張るから」
さすがに先生は慰めの言葉を投げてくれましたが

私としてはとても焦りました
この年齢でアジをやろうとしてること自体が間違いだったのだろうかって
この年齢でこの脚力でボーダーと走ることが
大きな間違いだったのだろうかって
でも、ま~るを迎えた以上は
どうしても責任があるから
ここで、先生に見放されたらお終い

今は最悪だけど、どうしようもないけど
でも、私諦めませんからと続けた
上手になりたいですと地面を見つめて
先生に訴えた自分を思い出した

先生ありがとう
こんなおばちゃんでも何とかま~ると走れるように教えてくれた
まだまだ課題は一杯山のようだけど
ま~るが気持ちよく走れるようになれるまで
走り続けて行くつもりです。
自分の目標に向かって
諦めない精神でま~ると一緒に走ります
先生ありがとう
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。