スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願の初CR  (その1)

さてさて、これから我が家の娘達のお話が始まります。
一日目秋田アジリティークラブ
ララは先生のお許しが出なかったので、
仙台はビギナーのJPのみのエントリーです。
朝一番の開始でした。
ちちまる、余裕で難なくクリアー
またまた3席入賞でした。
ララ
凄いね、おめでとう!

次に、一度の競技が行われ
二度は最後の競技になりました。

ま~るはこの頃二度のコースを何とか完走できるようになってきたので、
この仙台で初のCRをひとつでもとれたらいいなと言う思いで
遠く金沢からやってきました

なにしろ、苦節一年半CR出来ずのま~ると私
絶対、何とかしたい
力まず焦らず犬から目を離さないをモットーに
まずはうちの先生のコースで先生ジャッジのJP2度

見た目はエガちゃんコースかと思うほど
かくかくしかじか
でも、検分してみたら
そうでもない、これは基礎が出来ていれば
何とかなりそうだなって気がした。

ほとんど、270度ト180度の世界
丁寧に犬から目を離さずひとつひとつクリアーしていった。
残すところ、バーが3本と言うところで
私焦ってしまいました。
後3本だって思ったのかもしれません
夢中で覚えていないのですが
最後のごく普通の270度を跳ばせるのに犬から目を離してしまいました。

先生ごめんなさい
失格はしたくなかったのに・・・
先生がジャッジだと、やっぱりあまり良い結果が出せないな
緊張するからかな・・・

2度AG
私のレベルではクラブの二度はまだまだ技量が足りないんです。
ま~るの走行を邪魔してばかりのハンドラー
何とか完走したい
2デーだけど、明日があるからなんて思っちゃいけない
例え明日があってもこれよりも難しいコースだったらどうするの?
って、自分に言い聞かせて
クラブの競技に挑みました。

検分したときに嫌だなと思った場所はやはりラインがブレブレでした
思わずトラップのドッグウォークに後一歩の所を
必死で呼び戻しシーソーに導きました。

でも、一番難関なのはその後ソフト出たところにトラップのバーがある
思いっきりソフトを飛び出したら
迷わずそのバーを跳ぶだろうと予測できるくらい
スピードの遅い子でも
あるいわ、ハンドラーさんの脚力があって間に合っていても
トラップのバーを跳んでしまうペアがいたくらい・・・
きっと、駄目だろうって思ってた
何番目までいけるかなって弱気な気持もあった。

でも、脚力のない私ならそれを利用してやれって思った。
遅れていくしかない
一緒に走っていてはまさにトラップのバーを跳んでくださいと言わんばかり
だから、犬に任せて遅れて出口のま~るが私の顔を見る
その時にはトラップのバーは消えている
が、しかし次のバーを指示するのに危うく拒絶を取られそうなタイミングになるので、
必死で足でカバーしながら跳ばせた!

後はクロトンを逆トンして大概次のバーをインで回す人が多かったけど
うちの場合足が伸びるので
アウトを選んだがこれまたブレブレで思わずインに行きかけてから
アウトラインに戻ってきてくれて
ようやくゴールのバーにたどり着けたというわけです。
良かった良かった
ブレブレだけど何とか完走
CRやっとできたぞ~~~~
初のCR
おまけに、6席だった。
う~ん、贅沢かもしれませんがクラブは5席までが入賞
6席なんて辛すぎる
どうせなら10席ぐらいにしておいて
そうすれば諦められるのに・・・なーんて怒られちゃいますね。
ま~るちゃん、ありがとう!
やっと、念願のCRいただいてきましたよ~ッ!


     つづく


Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。