スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度は開きかけたジンチョウゲまたまたしっかりつぼみのままです。
今日は啓蟄の日、虫さんがそろそろはい出す季節となったのに、
今日の天気は何と寒かった事でしょう。
もう降らないと思っていた雪まで降りました。

実家の父と久しぶりにお喋りしました。
ずっとずっと喋り続けてきました。
別に、たわいもないことだけど、
只、側でお喋りしてきた。
多分、2か月ぶりに顔を見に行ってきたと思う。

父は木版画を趣味として作品を作り続けています。
私が行くとお互いの作品を見せっこします。
勿論、私は水彩画の作品を必ず持って行きます。
お互いの作品の批評をしあいます。
私はそれほどでもないのですが、父や父の兄弟は、
結構絵心あります。
父などのスケッチはとても上手で、私の絵などヘッ?
って言われそうだけど、決して父はそんなことは言いません。
お互い趣味だから、楽しみながら眺めます。

私が独身の頃、こんなに父とは会話をしなかった。
とても無口な父だった・・・
何ヶ月ぶりかで父と話をしたときがあった。
その時、思わず今日は父と話をしたよって、
友達に報告したほど、会話がなかった。

なのに、今の父は別人だ。
なんか、若い頃ドラマに出てくる優しい父親に憧れたな。
今、それがようやく実現してきたかなって思う。
父も、きっと母が亡くなってから、
寂しくなってるんだろうな。
今日のお喋りの中に、気になることを言い出した。
鳥を飼いたいという。
いろいろな鳥を沢山飼いたいという。
大きな鳥小屋を建てて何羽か離して飼いたいと言う。
う~ん、いいけど、犬は飼わないのか?
と言うと、散歩が面倒くさいから嫌だという。
そうか、まあ、鳥でも良いけど、
ペットがいる方が生き甲斐が出来て良いかもしれないねって話した!

人は何かを愛して生きていくのが幸せなのかもしれないね。
そんな人に生まれて良かったなって気がしています。
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。